macでDiaroからDay One Classicへ移行する手順

Day One Classicはもう新規で購入することはできないので需要があるかわかりませんが、macでDiaroからDay One Classicに移行したので手順を記しておきます。

ちなみに画像の移行は諦めてます…記事のみの移行の手順となります。

Diaroから記事をエクスポートする

まずはDiaroに溜め込んだ記事をエクスポートします。

Safari等のブラウザでDiaroにログインし、右上の「…」を縦にしたマークをクリック。
「Export / Import」を選択するとポップアップウィンドウが出てきます。
自分は全記事を移行したかったので「Entries」は「All entries」を選択。
「Include summary」はチェックなし。
「Format」は「TXT」を選択して「Export」ボタンを押下。
これで記事がテキストファイルとして出力されます。

エクスポートしたファイルを手直しする

Diaroの記事の形式とDay One Classicの記事の形式には結構違いがあるので、DiaroでエクスポートしたファイルをそのままDay One Classicでインポートしようとしてもエラーとなりできません。

そのため、エクスポートしたファイルを手直ししていきます。

自分の場合は記事数が600以上あったので一つ一つ手で直していくと膨大な時間がかかりそうです。

そこで、まずは正規表現が使えるエディタをmacに導入することに。調べてみて良さげだったので「mi」というテキストエディタをインストールしました。

miを立ち上げてcommand+Fを2度押せば検索/置換ウィンドウが出てきます。
正規表現検索にチェックを入れて以下の検索ワードと置換ワードで「すべてを置換」すればOK。

検索ワード 置換ワード 補足
(¥d+ ¥D+ ¥d+), ¥D+¥r(.+) [optionキーを押しながらtabキー押下]Date: $1 $2 日付の形式を合わせる
::: (.+) ::: $1 タイトルの形式を合わせる
———————————————————————————————— 記事の区切りの線を消す

ちなみに「Weather:」とか「Tags:」とかで出力されているタグは移行を諦めました。
何かいい方法があれば教えてください。

Day One Classicへ記事をインポートする

テキストファイルを手直ししたらいよいよDay One Classicへインポートを行います。

Day One Classicを立ち上げて左上の「Flie」、「Import…」の順にクリック。
あとは手直ししたテキストファイルを選択すればいけるはず。

ちなみにDay One Classicへのインポートを誤ったりして記事を一旦全部消したい場合があると思います。
その場合は記事の上で右クリックからの「Show Entry in Finder」を選択すれば記事のFinder上のありかがわかるので、Finderでcommand+Aで全選択して削除でいけます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大