デュアルディスプレイからシングルディスプレイに戻した話

しばらくの間、パソコン1台に対してモニターを2台接続する、「デュアルディスプレイ」にしていた時期もありました。
ですが、最近思うところがあり「シングルディスプレイ」に戻しました。

現在の構成

現在はMac miniにASUSのMX279を接続しています。
これです↓

27型なのですごく広く作業領域を取ることができます。

これを買うまでは19型くらいのディスプレイを使っていたので、
買った当初は「でかっ!」とびっくりしました。
今はもう大きさに慣れましたが。

シングルディスプレイに戻した理由

以下のような理由から、デュアルディスプレイをやめてシングルディスプレイに戻すことにしました。

  • 目当てのウィンドウがどちらのディスプレイにあるかわからない場合があり、探すのが手間
  • 単純に机上が狭くなって邪魔
  • 電気代が気になる
  • 目線の移動が面倒になった

しかし、資料を見ながら作業をしたりするときにいちいちウィンドウを切り替えるのは面倒です。

そこで、Windowsキー + 左右キーでウィンドウを整列させる機能を使って1つのディスプレイを左右の二つの領域に分けて作業をしています。

先述したMX279であれば27型の横に広いワイド画面なので半分に分けても作業領域は十分確保できます。
僕は縦を少しでも広くするためにタスクバーを右に置くなどの工夫をしています。
個人用途の作業であればこれで十分かと思います。

終わりに

なんか最近○○○をやめる/削減する的な感じで、
シンプルな生き方に回帰しつつあります…。
何だろう、年を取ったってことなのでしょうか。
流行りの「ミニマリスト」ってやつですね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大