スタードメインでシンプルな3文字jpの独自ドメインを取得する手順

ふと技術ブログを書き始めようと思い立ち、手始めに独自ドメインを取得したので備忘録としてメモしておきます。

ドメインの選択

まずはトップレベルドメインを決めます。トップレベルドメインはドメインのドットで区切られた一番右側のことです。例えば、「google.com」でいえば「com」の部分のことです。

自分の場合は「とにかくシンプルなドメイン」が欲しかったので一番短い2文字かつ日本でメジャーな「jp」に決めました。

なぜシンプルなドメインが良かったかというと、以下の利点があるからです。

  1. 覚えやすい
  2. 打ち込みやすい
  3. twitter等の文字数の限られたスペースにも表示されやすい

次にセカンドレベルドメインを決めます。セカンドレベルドメインは「google.com」の「google」の部分のことです。

自分の場合はやはり「とにかくシンプルなドメイン」にするため、一番短い3文字から選ぶことに。

ドメインの取得は早い者勝ちなので、comやnetなどは3文字のセカンドレベルドメインはあらかた取得済みになっていますが、jpにはまだまだ空きがある様子。

jpの3文字または4文字の空きドメインはこちらで調べることが可能です。

jpドメイン名サービス

jpの3文字にまだまだ空きがあると言えど、流石に意味のある3文字はもうほとんど残っていないですね。

意味はあまり無くてもせめて「発音できる」文字列がいいと考え、長時間悩みながら探した結果、「foa.jp」を取得することに。一応「フォア」と読めるんじゃないかなと。

ドメイン管理業者の選択

取得するドメイン名を決めたら、次はドメイン管理業者(レジストラ)を決めます。

国内には様々なドメイン管理業者がありますが、業者によってサービスの内容が違ったり価格が違ったりします。

調べてみるとjpドメインに関しては、どうやらwhois情報の代理公開ができる業者とできない業者があるとのことです。代理公開をしてもらわないと、ネット上に自分の氏名や住所を晒すことになってしまうので注意が必要です。jpドメインは代理公開に厳しいみたいです。

ドメイン管理業者の有名どころの「お名前.com」や「ムームードメイン」は残念ながら完全にはできず、氏名は公開されてしまうとのこと。

jpドメインの氏名を含む代理公開をしてもらえる業者の中から色々比較検討して、自分は「スタードメイン」を利用することに。

こちらは他社と比べて安めな上、ポイントが貯まるらしいのでかなりお得です。運営会社の「ネットオウル株式会社」は調べたところ実績があるみたいなので、きっと信頼もできるでしょうし。

スタードメインでのドメインの取得手順

スタードメインでドメインを取得するには、まずネットオウルの会員登録が必要です。

新規会員登録してメンバー管理ツールにログインし、スタードメイン管理 > 新規取得 からドメインを取得できます。

取得しようとすると決済登録情報を入力しろと言われるので、指示に従って住所等を登録してください。

登録が終わると、今度はプリペイドが足りないと言われるので、指示に従って任意の方法でプリペイドを購入してください。銀行振込、コンビニ払い、クレカ、PayPalに対応しているみたいです。

jpドメインは2,548円/年かかるとのこと。とりあえず1年契約したらポイントが509pもつきました。このポイントはネットオウルの別のサービスで使えるとのこと。残念ながらスタードメインではポイントは使えないらしいです。

終わりに

そんなこんなで短くてシンプルな「foa.jp」ドメインを取得できたので、次回以降でサーバをレンタルし、ブログを作成していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大