初代世代の僕がポケモンGOを1か月楽しんだ結果

ポケモンGOが日本で配信されてから1か月が経ちましたね。 僕は配信開始日にDLしてずっと飽きずに楽しんできました。

1か月経過時の僕のプレイ状況

とりあえず箇条書きで。

  • トレーナーレベルは23
  • 無課金プレイ
  • 歩いた総距離140.16km
  • 図鑑は95種埋まった
  • 手持ちの主力ベスト3は以下の通り
    • CP2021のナッシー
    • CP1967のウィンディ
    • CP1713のニョロボン

ポケモンGOを1か月プレイしてみての感想

僕は初代ポケモン(赤・緑バージョン)が流行った世代ということもあり、ポケモンが好きなので配信後すぐに飛びつきました。
ちなみに3DSのXYバージョンくらいまではプレイ済みです。

ポケモンGOでは現在初代の151匹しか出ないというのは、僕みたいな初代ドはまり世代が取っつきやすくていい戦略だったと思います。
海外での配信開始のほうが早く、既に海外で人気だったこともあり、日本での配信開始の注目度はすごく高かったですね。

配信初日は同僚と二人でポケモンGOをプレイしながら歩いて帰ったのですが、歩いている途中で何人も、ポケモンGOのプレイヤーと思われる人々とすれ違いました。
1か月経って人気も下火になってきたとよく言われてはいますが、 ポケモンの巣とされる場所にはまだまだ人がわんさかいます。
周りでもまだまだプレイしている人は沢山います。

ゲーム性としてはだいぶシンプルなほうだと思いますが、とにかくポケモンを集めているだけでも楽しいですね。
ガチにならなければ無課金でも十分楽しめます。
ついついこれ目当てに余計に歩いちゃうこともしばしば。
他のゲームと違い、いわゆる位置情報ゲーは家に籠らずにアクティブになれるので健康的でいいですね。

職場の同僚4人でポケモンの巣とされる公園に行ったときはワイワイ楽しかったなぁ。
コミュニケーションツールとしてもすごく優秀なゲームだと思います。
公園とかでカップルでやってる人も多く見るし。

それと、わざわざレアポケモン目当てにお台場や江の島にも行ってきました。
普段なかなか見られないポケモンが絶え間なくガンガン出てくるのでテンションが上がりっぱなしでした。
特に江の島なんかは、小旅行みたいな感じで普通に観光としても楽しめたので良かったです。
わざわざ出向く機会を与えてくれたポケモンGOに感謝したいくらい。

このゲームで一番嬉しかったのは、最初に手に入れた10kmタマゴからいきなりラプラスが生まれた瞬間ですかね。
あと野生のフシギバナをゲットできた瞬間もすごく嬉しかったなぁ。
まだカビゴンやラッキー、ポリゴンなどの激レアポケモンには出会えていないけど、気長にのんびりプレイしていこうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大