WordPressの設定を行う手順

前回はレンタルサーバーを借り、WordPressをインストールまで行いました。今回はWordPressの設定を行っていこうと思います。

WordPressの管理画面にログインする

WordPressの設定を行うには、まずは管理画面にログインする必要があります。「https://自分のドメイン/wp-login.php」にアクセスし、インストール時に設定したユーザー名とパスワードでログインします。

WordPressの設定をする

なお、WordPressに関する自分の前提条件はこんな感じです。

  • スターサーバーの簡単インストール機能でインストール
  • 独自ドメインとSSLを設定済み
  • WordPressのバージョンは4.8.2

自分の行った設定は以下の通り。

  • WordPressやプラグインの最新化
  • 一般設定
    • WordPressアドレス(URL)をhttpsに変える
    • サイトアドレス(URL)もhttpsに変える
    • 日付のフォーマットはカスタムで「Y/m/d」にしとく
    • 時刻フォーマットは二つ目の「H:i」にしとく
  • ディスカッション
    • 「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」のチェックを外す
  • パーマリンク設定
    • パーマリンク設定をカスタム構造の「/%postname%」にしとく
  • Jetpackの設定
    • markdown
    • サイト統計情報
  • スマホアプリの設定

WordPressやプラグインの最新化

まずログイン後の画面の左上辺りにリサイクルのマークっぽいアイコンがあるので、そこを選択してWordPressや各種プラグインを最新のものにします。これは定期的に行いましょう。

一般設定

一般設定に関してはとりあえずSSL対応を行うって感じで、日付や時刻のフォーマットに関しては個人の趣味になります。

ディスカッション

ディスカッションではコメントがらみの設定を行います。自分は「コメントの投稿者の名前とメールアドレスの入力を必須にする」のチェックを外しました。自分がコメントを残す側になったとして、メールアドレスなんて記入しようとは思わないからです。まぁ、まだ自作テーマにコメント欄は実装してないんですけども。

パーマリンク設定

ここで最も重要なのはパーマリンク設定かと。パーマリンクとは、例えば前回の記事のURLの「https://foa.jp/rental-server」でいうところの「rental-server」の部分です。

パーマリンクは記事ごとに独自の値を持ち、記事の判別に用いられます。「パーマ」とは「permanent」の略であり、不変であることを意味します。正確には後から変更することは可能ですが、変更してしまうとページに対するSEO効果がリセットされてしまう等のデメリットが生じてしまいます。そのため、記事の投稿前にパーマリンクの設定をしておくことが大切です。

パーマリンクの設定内容はサイトによってまちまちです。意味のない文字列を設定しているサイトもあれば、連番の数字、年月日、カテゴリ、記事ごとの意味のある文字列…など様々です。

自分はSEO効果を加味し、記事ごとに意味を持たせることにしました。「/%category%/%postname%」にしてカテゴリ名を付与して更にSEO効果を持たせることもできますが、自分は短いURLが好みなのでカテゴリ名はなしにしました。

なお、URLの最後に「/」(スラッシュ)を付けるか付けないかで迷いましたが、どちらでも動作は変わらないらしいので、シンプルさを優先して付けないほうを選択しました。

ちなみに「%postname%」のところに入る文字列は、記事の編集画面の「スラッグ」というフィールドに入力した値になります。スラッグが見当たらない場合は上のほうに「表示オプション▼」というボタンがあるのでそこから選べば出てきます。

Jetpackの設定

JetpackとはWordPress.comが提供するプラグインのことです。公式が提供する正式なプラグインなため、信用できるものだと思います。

まずプラグインの新規追加を選択し、「Jetpack by WordPress.com」をインストールします。

そしてインストール済みプラグインの中から「Jetpack by WordPress.com」の「有効化」を選択することでJetpackが使えるようになります。Jetpackを利用するにはWordPress.comへのログインが必要となるため、
会員登録を行います。Googleのアカウントでもログイン可能で、自分はそちらでログインしました。

Jetpackを有効化するとWordPressの管理画面に「Jetpack」項目が現れます。そこで設定やサイト統計情報などが見れるようです。

自分ははてなブログで「Markdown記法」に慣れていたため、WordPressでもMarkdownで記事を書きたいと思い、Jetpackの設定から「プレーンテキストのMarkdown構文で投稿やページに書き込み」をONにしました。Markdown記法とは、文書の装飾や構造化を簡単に行うための構文のことです。

例えば中見出しを記事内に記述する場合、Markdown記法を利用せずにHTMLタグを利用して記述すると以下のようになります。

<h3>中見出し</h3>

それが、Markdown記法を利用すると以下で済みます。

### 中見出し

タグを使ったときと比べ、半分以下の労力で済んでいることがお分かりになると思います。なお、両者の場合の実際のHTMLソースの内容は変わりません。記事を書く手間が省けるのでオススメです。もちろんこの記事もMarkdownで書いています。

Markdownを使うデメリットとしては、記事をMarkdownの対応していないシステムに移行する際に変換の手間がかかることですが、Markdownはある程度メジャーな記法であり、対応するシステムも増えてきているためあまり問題はないと思います。

Jetpackではサイトの統計情報も見られるとのことですが、まだ開設したてなので全くデータがないです。どうやらサイトの表示回数とか検索キーワードとかリファラとかを記録してくれるみたいですね。いずれお世話になると思います。

スマホアプリの設定

自分はスマホはiPhoneを使っているのですが、WordPressのiOSアプリを早速ダウンロードして使ってみました。WordPressのIDとパスワードでログインすることでスマホからのブログの投稿ができるみたいです。

試しにスマホアプリから投稿してみたらうまく反映されていました。Jetpackが入っていれば、WordPress.comにログインすることで統計情報も見ることができます。これは便利そう。

WordPress.comにログインするときはIDとパスワードが必要ですが、自分はgoogleのアカウントでログインしていたのでパスワードが無いのでしばらくログインできずに悩んでいましたが、WordPress.comにPCからログインして、設定画面からパスワードを設定できたので解決しました。

終わりに

今回はWordPressインストール後の自分流の設定を行いました。WordPressのバージョンやインストール環境にもよるとは思いますが、参考になると幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大